下へスクロール

COMPANY 大京魚類

ごあいさつ

私ども大京魚類株式会社は、京都市中央卸売市場第一市場の卸売会社として、
1948年の創立以来、京都市及びその周辺地域の皆様に『安心・安全』な生鮮魚介類及び水産加工品を
安定供給することを使命として、日本全国また世界から様々な食材を集荷しております。

『京都』には歴史と伝統があり、食においては『京懐石』から『おばんざい』まで、
吟味された食材を生かした京料理として、その伝統の味、豊かな食文化が大切に受け継がれています。
当社は、料亭・割烹などの業務関係から一般家庭向けまで多様な品揃えを行い、
地域の皆様の『くらし』、そして京都を訪れるお客さまへの『おもてなし』に貢献してまいります。

「企業は何よりも人にある」、「人は創意と進歩に生きる」という社訓のもと、
従業員一同、常に意識改革、品質向上をはかり、
本物・安心・健康な『食』を消費者の皆様にお届けするため努力してまいります。


大京魚類株式会社
代表取締役社長 大石 光二

会社概要

本社
〒600-8847 京都市下京区朱雀分木町市有地 京都市中央卸売市場第一市場
設立
1948年4月16日
資本金
2億円
代表者
代表取締役社長 大石 光二
売上高
225億円(2014年度実績)
株主
マルハニチロ株式会社
事業内容
水産物卸売業
卸売業者認可
1948年5月:京都府知事認可、1948年11月:京都市長認可、1958年6月:農林水産大臣認可
組織
鮮魚部、加工食品部、営業企画部、総務部
系列
当社はマルハニチロ株式会社のグループ企業です。

経営理念
マルハニチログループ企業としてグループ理念に基づき、京都市場の卸として、本物・安心・健康な食の提供を通じ、地域の人々の豊かなくらしと、しあわせに貢献する。
行動方針
誠実を旨とし、健全で公正な事業活動を行ない、創意と進歩を基本姿勢に、食品流通業者としての存在価値を高める。

WORKS 京都市中央卸売市場の流れ

  • ①入荷
    卸売業者(当社)は、全国の各産地、また海外から様々な品物を市場に運び込み(集荷)ます。
  • ②下見
    仲卸業者や売買参加者は、知識と経験を生かして品物の品質、価格等の下見をします。
  • ③せり・相対
    卸売業者と仲卸業者、売買参加者の間でせり売・相対売(評価)の取り引きが行われます。
  • ④出荷
    品物は、仲卸業者等が小分け(分荷)したり、簡単な加工をして出荷します。その後、スーパー・小売さんで販売されたり、料理屋さんの材料に使われて消費されます。

RECRUIT 求人のご案内

やる気があれば未経験者でも歓迎です。
詳しくは「総務部総務課」までご連絡ください。
総務部総務課:075-321-3121

ACCESS 交通のご案内




大京魚類株式会社外観
大京魚類株式会社
〒600-8847 京都府京都市下京区朱雀分木町市有地 075-321-3100
市バス 33 / 205 / 208系統「七条千本」下車
JR山陰本線 「丹波口駅 下車」

ページの先頭へ